緑と調和した開放的なガーデン空間に

木陰でお茶が楽しめる空間
空間に圧迫感を与えていた生い茂った生垣を、全て取り除き、隣家と道路沿いからの目かくしにはモクプラボードとエバーアートウッド格子材を採用。すき間を活かした適度な目かくしと、光と風を取り込むフェンスに。格子の適度なすき間によって圧迫感を与えません。木目のカラーが自然に溶け込み、植栽の緑が美しく映える空間となっています。住宅街の中に、午後のティータイムを楽しめるひとつの空間を見事に造り上げました。

施工事例に使用されているタカショー商品