隣地との境界を美しく彩る坪庭空間に

みす垣の目かくしで圧迫感のない和の庭を実現
隣地との境界に目かくしになるものがない状態で、あたり一面が手つかずだったお庭を、落ち着きのある和風坪庭空間にリノベーション。限られたスペースの中に飛石や玉砂利を上手く配置し、和の要素をしっかりと盛り込んでいます。
境界+目かくしフェンスとして設置された人工強化竹垣も下部を透かせてすき間をつくることで全体的に圧迫感を感じさせない作りになっています。限られたスペースを有効に活用した和の庭が生まれました。

施工事例に使用されているタカショー商品